育児」カテゴリーアーカイブ

子供の乱暴は家庭内に原因がないかどうか考えてみたい

例えば下に赤ちゃんが生まれた、両親がしょっちゅう喧嘩ばかりしているなど、家庭の中で思いあたるふしはありませんか。
子供が一番安心できる場所で精神的に不安定になると、外で乱暴するということがあります。
またもっと自分に目を向けてほしいという気持ちから、乱暴な行動をとることも。
子供にストレスを与えていないか、よく考えてみることです。
エミオネ薬用プレミアムアクネケアローション ニキビに効く

我が子が悪意を持って乱暴しているのかどうかをよく見極めることも大切です。
よかれと思ってしたことが、ちょっと力が入りすぎてしまったり、気持ちを上手に表現できなくて乱暴に見える行動をとってしまったり。
幼児期は元気がよくて行動的なことが、他人から見ると「あの子は乱暴ね」ととられることもあります。

パパやママが周りの評判を気にしすぎないで、自分の子供を信じて見守ってあげることが大切です。
ケンカの体験も必要なこと。
ケンカを通して人との付き合い方を学んでいくものです。
顔の乾燥対策 ヒアルロン酸サプリ

複数回の接種が必要な予防接種もある

予防接種は1回の摂取で長期の免疫を作ることができるものと、2回以上接種しないと免疫ができないものがあり、予防接種の種類によってそれぞれ既定の接種回数が決まっています。
複数回の接種が必要な予防接種は、決められた回数をきちんと受けるようにしましょう。
アイキララの口コミ クマを解消

娘が1年生の時に学校でおたふくかぜが大流行。
娘もしっかりと感染しました。
その2週間後、妊娠9か月の私と次女も感染してしまったのです。
まさか妊娠中におたふくかぜにかかるとはと、とてもびっくりしました。
大人がかかると重症になるといわれていますが、幸いにも1週間ほどでよくなりました。

でも心配なのはおなかの赤ちゃんへの影響。
耳鼻科では聴覚に障害が出るかもしれないと脅かされ、泣く泣く帰ってきたことを覚えています。
産婦人科の先生は、そのような例はないので大丈夫とは言ってくれましたが、生まれて来るまでは心配で。
息子が誕生した時は、まず耳が聞こえるかどうかを確かめたくて、真っ先に病室で「わっ」と声を出して反応を調べました。

赤ちゃんの歯磨きのやり方

歯ブラシを2本用意し、一つは赤ちゃん用、もう一つはママの仕上げ磨き用にして、初めはおもちゃ感覚で歯ブラシを持たせ、遊ばせてみるのも一つの方法です。
ただし喉を突かないように、必ずパパやママがそばで見ていること。
赤ちゃんによっては、歯磨きを嫌がることも。
そんな時は音楽をかけたり、歌を歌ったりしながら楽しい歯磨きタイムを工夫してみましょう。
桃花スリムの口コミ 副作用 便秘に効く

1歳半を過ぎて奥歯が生えてきたら、歯磨きは欠かせません。
自分でやりたがったら、まずやらせてあげましょう。
まだうがいのできない頃なので、歯磨き剤は必要ありません。
自分でやった時には「上手ね」「きれいになったね」とほめてあげ、その後で必ず仕上げ磨きをしてあげましょう。

哺乳瓶でダラダラとミルクを飲むのは虫歯の原因になるので要注意。
特に甘い飲み物を哺乳瓶で与えると上の前歯の後ろが虫歯になることがあります。
なるべくコップで飲む習慣をつけ、歯が生えてきたら早めに哺乳瓶は卒業しましょう。
ぷるるん女神の効果