UMD-Videoの画質は侮れない

いまだに旧式のMPEG-4でしかエンコードしていないケースも多いようで、それではあまりにもったいないといわざるを得ない。
せっかく時間をかけてエンコードするのだから、より高画質な動画を作成すべきだろう。
ピュアルピエで毛孔性苔癬を治す

PSPの動画品質を検証するにあたり、どのクオリティを基準とするかという問題は難しい。
PSPには「UMD-Video」という規格が用意されており、映画などをUMDディスクから再生することができる。
最近は新作もほとんど見かけず、投げ売りワゴンには旧作があふれる状況となっているが、実はこの画質、侮れない。
自分で適当にエンコードした画質に比べると明らかに画質が素晴らしいのだ。
そこで今回は、この「UMD-Video」の画質を基準として、高画質PSP動画作成にチャレンジしてみることにしよう。

まずは、基準としたUMD-Videoの画像を見てみよう。
カスタムファームウェア導入済みPSPで、UMD再生中の画面をキャプチャした画像。
バターコーヒーの作り方と効果